スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルチュラルタイフーンに参加します!!

スタッフの中森です。

告知が大変遅くなりましたが、今週末7月4日?5日に東京外国語大学で行われるカルチュラルタイフーン2009にVJUが参加します。

カルチュラルタイフーンとは、若手の文化研究者やパフォーマーなどが理論と実践の境界を飛び越えて自らの問題意識や興味関心を発表する場です。2001年に早稲田大学で初めて開催され、沖縄、立命、下北沢、名古屋、仙台と、まるで台風のように移動しながら、知的な嵐を巻き起こしています。

カルチュラルタイフーン2009

【日程】
2009年7月4日(土)、5日(日)9:30–18:30

【場所】
東京外国語大学 研究棟講義棟

【URL】
http://cultural-typhoon.org/

カルチュラルタイフーン2009チラシ

VJUは一階フロアにて4日、5日両日常設展示を行います。今までのVJUの活動の歩みや現在行われている映像ワークショップの紹介などの展示、そして特設スクリーンでの≪マイノリティを描く≫と名うってVJU作品『新宿路上TV』、『リトルヤンゴン物語』、『とびらのうた』の上映、そしてDVDなどの販売を行う予定です。現在、ブースの展示物の用意を急ピッチで行っています!!

カルタイ作業風景

↑本番が近づき作業にも熱が入ります!!

また土曜日15時から16時かけて、1F常設ブースにてミニワークショップを行いますのでぜひぜひご参加ください! VJU独自の撮影方法、イディオムシューティングを体験することができます!

そして、講師遠藤の『Dialogue in Palestine』が5日15時40分から16時にかけて上映されます。この作品は日本から遠く離れたパレスチナの問題を「私小説」という今までになかった手法で描き、視聴者に「共感」を呼び起こした作品として東京ビデオフェスティバルで優秀作品賞に選ばれ、高く評価されました。一般上映の行われなかった隠れた名作ですので、この機会にぜひご覧ください!
戦車


上映後、遠藤はnikepolitics &Democracityさんとともに、「パレスチナ」ー映像表現がつなぐ地平というトークセッションを行います。対談相手のnikepolitics &Democracityさんは、youtubeや展示活動などで映像メディアでの表現の方法を模索し、宮下公園の民間委譲からパレスチナ問題についてまで幅広く批判的メッセージを発しておられます。今回の上映作、www.youtube.com/watch?v=CMGXZfBN4KMはyoutubeの作品を今回のために再編集したものと聞いていますので、期待できますね。トークセッションでは映像メッセージにどのような可能性があるのか、人と人とをつなぐ映像メッセージをこれからどのように発信していくのかを二人の映像作家が熱く議論する予定なのでこちらもご参加ください。

VJU
4日10時?常設展示
  16時?即席映像ワークショップ開催

5日10時?常設展示
  15時40分?16時00分『Dialogue in Palestine』@115 教室(シネマA)
  16時10分?16時20分 nikepolitics & Democracityさんの作品『www.youtube.com/watch?v=CMGXZfBN4KM』@115 教室(シネマA)
  16時20分?17時20分トーク「『パレスチナ』ー映像表現がつなぐ地平」 @115 教室(シネマA)

また、VJUはカルチュラルタイフーン2009の映像記録を今回行うことになりました。2日間でイベントが盛りだくさんで大変ですが、ワークショップ、上映、トークなどなど随所で盛り上げたいと思います。

それでは、会場でお会いしましょう!


スポンサーサイト

ブログランキング参加中!!下のバナーをクリックお願いします!

テーマ : イベントニュース
ジャンル : ニュース

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。