スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VJが訊く!第4弾『ハウジングプア』報告

スタッフの中村です。

3月15日に行われたトークイベント『VJが訊く!』の第4弾、『ハウジングプア ?なぜ人は家を失うのか?』の報告です。今回ゲストにお招きしたのは、NPO法人自立生活サポートセンターもやい代表理事の稲葉剛さんです。VJ(ビデオジャーナリスト)遠藤大輔と「ハウジングプアとは何か」「ハウジングプアを取り囲む環境」等について約3時間に及ぶトークイベントとなりました。

DSCF4249_20100708180957.jpg DSCF4262_20100708180957.jpg
DSCF4281_20100708180956.jpg DSCF4291_20100708180956.jpg

平日ということもあり、会場は満員とまではいきませんでしたが、その分リラックスした雰囲気で進行することができました。部屋が余っているという現状にもかかわらず、そこに住めない人がいる。住宅への入居時にかかる初期費用を支援する制度もあるが、日雇い労働などで安定した収入を得られない人たちは、支援期間の半年を過ぎると路上に逆戻りしてしまう、といった懸念も示していた稲葉さん。住宅行政に関わるのは厚生労働省と国土交通省だが、それぞれの施策がかみ合っていないとのこと。今回は、家賃の適正化、賃貸物件の借り上げ、そして現在「NPO法人 自立生活サポートセンター もやい」で行われている保証人請負これらを住宅行政として責任を持って取り組む組織、たとえば「住宅省」のようなものが必要ではないか、いうことでした。

盛り上がったイベントの終了間際、またもや路上のバイオリン弾きみほこんさんが駆けつけ、話題の「派遣切りキリキリマイ」などオリジナル曲を演奏してくださいました。CDの発売も開始したみほこんさん。今後の活躍に期待です!

mihokon4_.jpg


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。