スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/13 上映会と入門ワークショップの集い 報告

こんにちは、スタッフの石崎です ^^

6月13日に四谷広場にて「VJU作品上映と入門ワークショップの集い」と第二回目となる企業組合準備会の活動説明会を行いましたので報告いたします。

20090613_1

当日はVJUの作品の上映を交えながらVJUの理念やVJ(ビデオジャーナリスト)としての仕事術などを説明。時間が押してしまったので、後半は活動紹介も交えながらの上映&入門ワークショップとなりました。

まず、入門ワークショップでは、「ある塗装職人の朝」という場面を設けて、VJU独自の撮影技法であるイディオムシューティングを体験してもらいました。最初に参加者に自由に撮影して頂き、その後にVJUスタッフが撮影。両者を比較して、さらにイディオムシューティングを簡単に説明して、再度挑戦していただきました。

今回参加された方たちは、映像は未経験。
しかし講師の理論的な説明とスタッフのアドバイスによって、最初は立ち尽くして撮影していた参加者の動きに変化が。演技するスタッフに合わせてスムーズに動く参加者。撮れた映像を確認すると、ショット数、絵柄の種類が増えていて、確実にイディオムシューティングによる撮影の効果が出ていました。実際に体験した参加者からは「短時間の説明なのに、より良い映像の撮り方を理解できて楽しかった」と言って頂けました。

20090613_2 20090613_3  20090613_4 
20090613_5 20090613_6

このイディオムシューティングとはVJUの講師で現役のVJでもある遠藤大輔が、長年の現場で得た経験を理論化した独自の技法です。といっても単なる撮影上のテクニックというわけではなく、ボトムアップの報道を実現するための大切な方法の一つなのです。VJUでは、このイディオム・シューティングをはじめ、さまざまな実践的訓練を、年間を通じたワークショップの場で行っています。

今夏には夏期集中講座として、活動の理論的支柱である統合理論(学問的根拠に基づくボトムアップ報道のための理論)の基礎を学ぶ合宿を予定しています(8/18(火)?8/21(金)参加費¥30,000 ※宿泊費別)。

プロを目指したい方、自主制作に磨きをかけたい方、そして学生の皆さんも、興味があれば是非参加してくださいね!

2009年VJUワークショップのカリキュラムについては下記をご覧下さい。
近日、詳細をブログにアップします!


統合理論基礎演習・連続 4日間
VJUの報道スタイルを支えるのは、記号論、物語理論などを基礎に置く独自の「統合理論」。その捉え方の基礎を理解する講座です。メディアリテラシーの観点から、ビデオジャーナリズムの社会的位置づけを学び、いくつかのテクニックを実際にカメラを使って試します。.ガイダンス / 学習の枠組み
2.視覚的メッセージの特質
3.映像のレシ
4.ナラティブとディエジェーズ
5.テレビジャーナリズムの物語構造
6.ビデオジャーナリストの戦略
 ヒヤリング・インタビュー 演習・・・・・全 4 回
 現場の実感をそのまま伝えよう!ボトムアップの報道の極意は、ヒヤリングとインタビューにアリ!「聞き取り」の手法を、社会調査の手法を基礎に独自に理論化。実践に近い訓練を行います。常識を覆す言葉、情感のこもった思いをだぐり寄せる確かな方法論を学べます。1.ヒヤリングとインタビューの違い
2.インタビューの機能
3.ライフヒストリー法に学ぶ
4.物語構造とライフヒストリー
5.インタビュー項目の作成
6. シミュレーション

  企画づくり演習・・・・・全 4 回
 「撮ってからまとめよう」なんて、考えていませんか?それでは映像作品は作れません。一片の情報を手がかりに、どうやって作品を実現させていくべきか−単なる思い付きに終わらせない、最初の構想プロセスを意識化。ボトムアップの報道を実現させる企画作りの講座です。1.企画とは何か
2.物語構造と企画作りの戦略
3.ディスクールのパターン
4.イストワールを担う取材
5.企画書づくり
 
  イディオム・シューティング演習・・・・・全 4 回
 演出では得られない現場のリアリティを形にしよう!他の追随を許さない独自の撮影技法、「イディオム・シューティング」。「撮影即編集」の超絶技法をマスターして決定的瞬間をカメラに収めよう!プロの経験に基づく実践的訓練で、カメラがもうひとつの目になります。1.撮影とシークエンス
2.カメラセッティング
3.場面を捉えるイディオムの三原則
4.ポジション移動のコツ
5.音を逃さないカメラワーク
6.寸劇によるシミュレーション
 
  構成演習・・・・・全 4 回
 上達のコツは、何より作り続けること!でも、撮った素材を活かすも殺すも構成次第観客を引き付け、わかりやすく伝え、決定的場面を効果的に見せる方法を学びます。他のすべての講座を受け、独自の取材を行った人が対象です。作り終えた作品はWEBページから配信! 1.取材計画検討(事前)
2.構成とは何か
3.シノプシスの作成
4.構成の執筆法
5.構成検討




スポンサーサイト

ブログランキング参加中!!下のバナーをクリックお願いします!

テーマ : イベントニュース
ジャンル : ニュース

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。